普通のセックスVSテレフォンセックス

普通のセックスであれば、相手と身体を直接重ねていくわけですから、相手の温もりを感じながらセックスできます。相手に直接触れることができますから、自分の行為で相手を感じさせることができます。

それでは一方、テレフォンセックスはどうでしょうか?電話越しのセックスですから、相手に直接触れ、相手の体温を感じることもできません。こう見ると、テレフォンセックスはつまらないものに思えてしまいます。ただ、実際には、テレフォンセックスにはテレフォンセックス特有の燃え上がり方があるのです。

テレフォンセックスとは、受話器越しに行うセックスです。そうなると、有効なのが言葉責めというプレイです。自分の言葉でどれだけ相手を刺激し、興奮させることができるのかということです。

また、受話器から聞こえる喘ぎ声や擬音語が、普通のセックスよりも快感を増幅させることも事実です。初心者はそうそううまくいかないかもしれませんが、経験者なら相当の快感を得られるでしょう。テレフォンセックスにおいては、言葉がすべてです。言葉の達人になることが、テレフォンセックスマスターになれるのです。

ですから、逆援助交際サイトと普通の出会いでのセックスではどちらが燃えるかという問題には、それぞれ燃えるとしか言えません。それぞれ一長一短、いいところも悪いところもあるでしょうから。ですから、どちらのほうが燃えるセックスかということには答えられないのです。

初心者であれば、普通のセックスのほうがしっくりきて燃えるかもしれませんが、経験者になると、どちらであっても燃えるセックスができるわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ